近い将来、小学生の必須科目に英語が採用されるという話。
うちの子、地元弁と日本語のバイリンガルではありますが、英語は少々というかかなりというか門外漢です。
そのうちに年下の子のほうが英語に堪能になる日が近いかも?
それじゃあ可哀想と思い立ち、英語のテキストを購入して教え込むことにしました。
ただいま6年生。
まだ間に合うかもしれませんから。
でも、それが言うほど簡単じゃないことに気付きました。
基礎力ゼロの英語ですから、チンプンカンプンです。
何度教えても「THE」は”ゼ”と読むし、馴染みが深いと思われる言葉でも「ふうん・・・ぶーげえ」
なんだと思ったら、ハンバーガーです。
あなた、マクドナルドでもっとスムーズにしゃべってますけど?
私が中学生の頃は英語塾なんてなかったし、然程重要視されていなかったから、みんなが揃って学び始めました。
それでもなんとか検定に受かったり、スピーチコンテストに参加したりするまでになるんですから、先生ってすごいですね。
やはり教えるのが上手なんでしょう。
最後はカタカナで読み仮名を振らせました。
完璧ではないものの、なんとなく近い発音ができるようになって・・・ない?
語尾がやけにはっきりしていて、ダサイ英語をしゃべっています。
まあ、いっか!